[TOP]ProgramGameGGGOFG245MusicFontFamicomPokeMemoUpdate
FTD-W71USBをWindows10で使う方法

最終更新日:2020/01/24
FTD-W71USB

アキバで中古で買ってきた、BUFFALOの「FTD-W71USB」とかいう、
USB接続のサブモニターですが、どうもこれがWindows10では動かない様子。

ドライバが内蔵されているタイプで、DisplayLink製のチップで動いていますが、
これがWindows10非対応で動かず、BUFFALOの最新ドライバでもダメ。
そもそも、DisplayLink公式サイトでも「ドライバ内蔵型は非対応」とされています。


そんな、Windows10で公式からも見放されたこのモニタを、
Windows10でどうにかして動かす方法です。





必要なドライバ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドライバは、新旧混ぜます
BUFFALO版の古いドライバと、DisplayLinkの新しめのドライバの2つを混ぜます。

まず、BUFFALOのサイトから、FTD-W71USBのドライバを持ってきます。
ここでは、Windows7専用のV2.00を持ってきました。「ftdw71usb-200.exe」です。
https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60248

解凍すると、いろいろなファイルが出てきますが、使うのは
「amd64,i386フォルダとその中身」「dlcdbus.*」の計6ファイルだけです。
他は削除してください。そうしないと、作業時にちょっと面倒です。
ftdw71usb-200


次に、DisplayLinkの公式から、最新のドライバを持ってきます。
「Windows 10, 8.1, 7」って書かれてるやつを持ってきます。
「DisplayLink USB Graphics Software for Windows 9.3 M0.exe」です。
https://www.displaylink.com/downloads/windows


これで、用意するドライバは以上です。





インストール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

まず、DisplayLink公式のインストーラを実行します。
これで、ドライバとユーティリティなどの各種ソフトウェアを入れます。

ふつうなら、これのインストールが終わった地点で使えるのですが、
FTD-W71USBはそうはいきません。ドライバがちゃんと入っていないのです。

デバイスマネージャ 公式インストール後
デバイスマネージャを見ると、ドライバが普通に当たっているように見えますが、
実はこれでは不十分です。

FTD-W71USB側で、ドライバインストール用のCDデバイスとして動いているのを
切り替えなければいけません。
その切り替え用のドライバが、BUFFALOのサイトにあるドライバ内にあるのです。



まず、この「Buffalo FTD-W71USB」のドライバを入れ替えます。
Buffalo FTD-W71USB

「ドライバの更新」から、一覧から選択して別ドライバを入れます。
「ディスク使用」から、BUFFALOドライバのフォルダを指定し、
「DisplayLink Composite USB Bus Driver」を指定してインストールします。
DisplayLink Composite USB Bus Driver


インストール終了後、そのドライバの下の方に「不明なデバイス」が現れます。
不明なデバイス

ここに、さっき当たってた「Buffalo FTD-W71USB」相当のドライバを入れます。
要するに、DisplayLink公式の新しいドライバの方ですね。

普通の環境なら、「C:\Program Files\DisplayLink Core Software\Drivers」に
そのドライバが入っているはずです。

「不明なデバイス」に対し、「ドライバの更新」で別ドライバを入れます。
このとき、「自動的」にインストールしようとすると見つからないと出ます。
「一覧から選択」しましょう。

当てるべきは「DisplayLink USB Device」です。
DisplayLink USB Device


これを入れ終わると、再び「Buffalo FTD-W71USB」が現れ、
最初の公式ドライバインストール直後の状態に戻ったように見えます。
DisplayLink USB Deviceインストール後

このあと、その「Buffalo FTD-W71USB」に、
再度「DisplayLink Composite USB Bus Driver」のドライバを当てます。
DisplayLink Composite USB Bus Driver


すると、「DisplayLink Composite USB Bus Driver」の下に
「Buffalo FTD-W71USB」がぶら下がる状態になります。
ゴール

この状態がゴールです。ドライバインストール終了です。

このとき、モニタを見てみると、画面が正常に映っているはずです。
まだ映っていないときは、電源ボタンを押してみてください。

FTD-W71USB on the 1909





動作状況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Windowsバージョン:
 Windows10 1909
別USBポートに差しての動作状況:
 ドライバ再構成なしで使用可能
スリープ復帰からのウィンドウ位置維持:
 OK
マイクラ(Win10版)をこのモニタでやった時:
 違和感なくプレイ可能。遅延もほぼなし。



メモ一覧へ

(C)2005-2020 OffGao All Rights Reserved.
このサイトの内容またはアドレスを、NAVERまとめへ転載・引用・掲載することを禁ず。