[TOP]ProgramGGGOFG245MusicFontFamicomPokeMemoUpdate
RaSCSI-H(RaSCSI Hack版)

RaSCSIを、自分用に使いやすくしたものです。

RaSCSIとは、GIMONS氏による「SCSIデバイスエミュレータ」のことで、
Raspberry PiをSCSIデバイスとして動かし、HDDなどのイメージファイルを
SCSIで読み書きできるようにするソフトウェアです。

これによって、PC-98等のレトロマシンのストレージ問題がだいぶ解消されます。
このソフトウェアを作成されたことに、大変感謝いたします。


というわけで、このRaSCSIをさらに使いやすくするために、自分流にあちこちいじって
カスタマイズしました。

自分の場合、このRaSCSIを「USB→SCSI変換」として使うことが目的です。

USBメモリなど、USBにストレージを差したあとにラズパイを起動させると、
ラズパイ側でUSBストレージ内や拡張SDパーティション内のイメージファイルを探し、
それをマウントする自作スクリプトを作りました。(start.sh)

また、セットアップ作業補助のスクリプトも作っておきました。(setup.sh)

この独自設定&カスタマイズによって、
ラズパイのMicroSDはROM化し、USBストレージへの書き込みは即時行うようになるので、
ラズパイの電源ぶつ切りに耐えられるはずです。(ちゃんと動いてれば…)

───────────────────────────────────────
注意:
 まだベータ版相当です。
 特に、「即時書き込み」がいかなる場合も機能するかどうかが不安です。
 信頼性が求められるところでは、絶対に使用してはいけません。
───────────────────────────────────────
ライセンス周り:
 元のRaSCSIが採用してる「BSD 3-Clause License」を継承します。
───────────────────────────────────────
バージョン :1.52 +1.20
更新日   :2022/05/09
ダウンロード:bin.zip(バイナリ)
ダウンロード:rascsi-h.zip(バイナリとソース)
───────────────────────────────────────

戻る

(C)2005-2020 OffGao All Rights Reserved.
このサイトの内容またはアドレスを、NAVERまとめへ転載・引用・掲載することを禁ず。